記念日

通っている
ピラティス教室が
1周年を迎えました。

そして
本日、8月28日

私も "ピラティス1周年記念日"を迎えました!

わーい!!

新潟ヨッシービッグバンドで
エリック・マリエンサル氏をお迎えするにあたり

「何とかしてパフォーマンスの質を上げたい!!」
と、燃えたぎっていたのは
ちょうど1年前の今日。

尊敬するお知り合いの登子さんが
FBに投稿しておられた

「新潟にピラティスのスタジオが出来た」

との記事を読んで
1も2もなく未知の世界へ飛び込みました。

…その約2か月後。

迎えた本番のステージで生まれたのが
この背中!

(そうそう!これこれ!
これが欲しかった!!)

e0167675_22454008.jpg

(コンサートの様子はこちら↓)


お母さんのお腹から生まれて
ヨチヨチ歩きを始めた頃から
見よう見まねで
身に着けてきた身体の使い方。

立ち方、歩き方、座り方、
手の上げ方、呼吸の仕方…

何十年もかけて
毎日毎日、繰り返してきた
それらを

一から覚えなおす、となると
やはり、それ相応の根気が必要ですが
(まだまだ道のりは長い…)

身体って
本当に賢くって。

たまに
訪れるメイクセンスな瞬間。

先生がかけてくれた言葉と
自分の感覚とがリンクして

「あ、これだ!」

そんな”閃き”が起きるとき

「えっ!なに?
今、何が起きた??」

と、あたふたしているのは
私だけで

身体はちゃ~んと
起こったことを理解して
記憶していてくれているのですから
実に、不思議です。

「人はそれぞれに美しい身体を持っていて
それは、お金では決して買えない素晴らしい器。
唯一無二の宝物だから
大事にしてあげたいし、大事にしてもらいたい。」

とは、先生のお言葉。

今まで
ヒールの高さも含めた
足の長さが本来の足の長さだ、と思っていたし

マスカラをたっぷりつけた
パッチリお目めが本当の顔だと思っていたし

ありのままの私は
「不完全」 で

付属品がいっぱいついている状態が
「正しい私」 だと思っていたけど

今は違う。

この世に1つしかない
賢くて頼もしいこの身体は
立派な ”完成品”。

私の大事なパートナーが
もっともっと
のびのび能力を発揮出来るように

愛して労わって
共に成長していきたいと思います。

Yukiko先生、
大きな気づきをありがとう。

そして、1周年、おめでとう。

こちらは
先生のブログから
1周年記念パーティーの様子。


マンツーマンのレッスンなので
普段は自分のことしか考える機会がないのだけれど

同じことを志す皆さんから伺う
お話の1つ1つはいつでも
いちいち美しく、感動的です。


e0167675_22560329.jpg


e0167675_22553307.jpg

何、この一体感!笑

e0167675_22553935.jpg

それでは、またね!





[PR]
Commented by ヒョウ柄猫 at 2017-08-30 01:32 x
ヨッシーバンドとレナさんに敬意を表して、ジャズストリート二日目。午後4時よりNST様夢ホールにて川井正隆グループ。高い天井に反響のある板の床、国際的オーケストラの方々も称賛する、りゅうとぴあコンサートホールの!残響2・2秒に似た音の拡がりの夢ホール、サックス・トランペット・トロンボーンの金管が映えましたね!残響が良い場所イコール、ミスが重なると致命的なことになる怖さもありですが!前々日、前日をこなしたメンバーの一体感は見事!で圧巻はレナさんとゴールデン佐藤さんとのDuo!新潟歌姫陣は百花繚乱っすが男性ボーカルも強力!燕三条地区の音楽プロデュースやPA 、作詞作曲もこなす佐藤さんですがボーカルも素晴らしいんです!いつかはレナさんとのDuoを・・と思ってましたが、素敵でしたよ\(^-^)/メンバーが変わる化学反応もジャズストの醍醐味ですがキーボード桃瀬まりもシナヤカさの中に強さ・優しさの多彩なメロディ、そしてリーダー川井ドラム、金管にギター・ベースと、下手をすると埋もれる事態もありですが!打楽器なのにメロディ楽器のような包容感・余韻。軸のぶれないバワフルさがずっと途切れない感覚は凄い、でも決して出過ぎない、プロデューサー的ドラマーだと再認識しましたよ。あっとゆう間の①時間!蛇足ですがNSTのスタッフもライヴをニコニコ、ノリノリで楽しんでましたよ!冬につながり、テレビ生中継になるといいね( ´∀`)続く。
Commented by ヒョウ柄猫 at 2017-08-30 23:52 x
いよいよ締めは午後7時のマキさん。満席立ち見の大盛況!合計⑥コマ六時間以上ヨッシーレナファミリーを見れた訳ですが、飽きなかったですね、それは膨大な譜面・打合せ・アドリブにアドリブが複雑でメンバー各自の想いの強さがあったからだと思いますv(^o^)近年の観客動員解析をすると若者世代の微増がありますが、依然働き盛りの特に女性たちの姿が目立ちます、つまり普段なかなか家を空けられない方々が、なんとか都合をつけて年三回のジャズデイを楽しみに来ているのでは?と推測。大人の事情で出演自粛のバンドもあるし、個人的にもこうすれば?はありますが、15年30回を迎えた意義は大きいし、一人でも!ジャズの楽しさを伝えるために!極限の情熱と精進を重ねる!ヨッシーさんレナさんファミリーには脱帽ですm(__)mマキさんにコダマする熱いコールと万雷の拍手!確かにそこに音楽を愛する人々の楽園が存在しましたね!!愛とは、思いやり・無償の奉仕。色々ですが、全てのバンドを応援するのは不可能、だとしたら私は愛に溢れたバンドを応援したい(*´-`)しばらくは多忙ですが秋からは行けそうっすよ。今日の①曲、ブルーノマーズのトレジャー!愛あるバンドに神様!沢山の財宝と吉報をヨロシクです(^^ゞ
Commented by rena_san at 2017-08-31 12:53
*ヒョウ柄猫さま
すごーーーーーい!!
詳細なレポートをありがとうございました♪
これを励みに、また皆さんとともに
楽しいこと、わくわくすることを追及していきたいな、と思います。
本当にありがとうございます^^
by rena_san | 2017-08-28 00:00 | Top | Comments(3)