ジャズストリート終了。

あぁ…!
なんと楽しい週末であったことでしょう!!

とってもとっても
幸せな3日間だったから

雪がチラつく
浦佐の夜

小さくなっていく
東京組の皆さんの背中や

新潟組の皆さんが乗り込んだ
車のテールランプを
見送っていたら

切なすぎて
胸がきゅーんとなりました。

e0167675_23544932.jpg

**********

それにしても
かれこれ何年も歌ってるくせに

わたしときたら、何故未だに

自分の能力や
音楽の持つ力
一緒に音楽を作ってくれる人たちの温かさを
心の底から信じ切ることが出来ないのでしょう。

歌うことは、私を
こんなにもハッピーにしてくれるのに

e0167675_00373268.jpg

毎回、ステージにあがるまでの数日間は
脳みその中が
"マイナス・イメージ"一色になってしまうから
不思議です。

それに比べて
皆さんの揺るぎなさといったら。

ぽるとカーブドッチでは
水口さん、潤くん、本間先生のトリオに
ヨッシーさん、マミさまの2フロントという
新年に相応しい華やかな顔ぶれ。

================================
≪まみさんRENAさんYossyさん≫
ぽるとカーブドッチ
(新潟市歴史博物館みなとぴあ内 025-227-7070)
Yossy(sax) 南雲 麻美(sax) 水口 かずみ(p) 文河 潤(b) 
本間 克範(ds) RENA(vo)
================================

昨年、
どれだけ顔を合わせたか分からない
スーパーお世話になった方々ですから

「あ~そうそうこれこれ!」

肩まで湯船に浸かっているかのような安堵感で
心はホッカホカ。

e0167675_00295681.jpg

「さぁ!あなたの番ですよ!」

本間先生がドラムソロのあと、私の顔を見て
背中をぽーん!と押してくれた
その瞬間、

e0167675_00294543.jpg

広い会場いっぱいに
ぱ~~っ177.png
幸せの波動が広がりました。

e0167675_23492883.jpg

ステキ!
皆さん、ステキでした!!

2018年も引き続きお世話になります110.png162.png

(新潟ヨッシービッグバンドは
4/22(日)14:00~ 万代市民会館にて
”春のラテン祭りvol.2” を開催致します!!)

**********

お次は
国際情報大学さんへ。

こちらは、
ヨッシーさん、ツボケンさん、杏子さんという
東京からやってきた3人のサックスプレイヤーが
フロントを固める "激熱バンド"。

e0167675_00122401.jpg

================================
14:00-16:00
≪Yossy 3Alto battle with RENA≫
新潟国際情報大学新潟中央キャンパス1F学生ホール
(上大川前通7 025-227-7111)
出演:TsuboKen(sax) 石毛 杏子(sax) Yossy(sax) 
片桐 久尚(p,key) 小松原 崇(g) 渡辺アンソニー貴行(b) 
川井 正隆(ds) RENA(vo)
================================

今回、インストは
ツボケンさん、ヨッシーさん、杏子さん
お三方それぞれが3管用にアレンジなさった楽曲を
持ち寄って下さったのですが

皆さん、リハーサルの段階から

「ここはこうして欲しい」
「こうしたい」

と、ビジョンが明確。

そういう人が作り出す音楽はやっぱり
どうやったって
ステキになるに決まっているんですよね~。。

はじめましての人も含めた
メンバー全員が

アレンジ主の提示した
ビジョンに向かって
キューッと入り込んでいる姿、

「お!いいねぇ!」って
お互いのプレイを讃え合っている姿は

本当に美しく


e0167675_00132925.jpg

e0167675_00133423.jpg

e0167675_00134215.jpg

傍らで見ていて
思わず胸が熱くなりました。

e0167675_00133846.jpg

(こまつくんについては特に
最近、勝手に身内みたいな気分になってるから
彼が褒められているところを見ると
すごくうれしい気持ちになる。)

ヨッシーさんは
新潟が大好きで

ジャズストリートが大好きで

お客さんや
共演者の喜ぶ顔を見ることが

なにより、大好きな方。


e0167675_00130767.jpg

どうやら
ツボケンさん、杏子さんも
おなじような気持ちで
3日間を過ごして下さっていたみたい。

e0167675_00132220.jpg

e0167675_00131710.jpg

食卓を囲みながら仰った
「また新潟に来ようね!!またやろうね!」の
お言葉に

じ~~ん。。

音楽で生計を立てている皆さんの
新幹線代やら宿泊費やら
持ち出しになっているであろう
経費のことを考えると

無邪気に
「来て!来て!」とも
言いにくいところではございますが

(ジャズストリートは"お祭り"。
"お仕事"ではないですもんね。)

もっともっと
私達だけでなく
皆さんにも良い思いをしてもらいたいし

もっともっと
新潟で皆さんの演奏が聴きたいから

「この人たちをもっと見たい!」

って
お客様方に思って頂けるように
より一層、働きかけをしていかなくちゃな。
と、思いました。

e0167675_00140213.jpg


そして、一番大事なのは
私自身が

「あー!今日このライブが聴けてよかった!!」

って、言ってもらえるようなライブを
毎回作れていること、ですよね124.png

自分を信じること

音楽の力を信じること

握手を交わした
皆さんの手の温かさを信じることを

今年は(なるべく)
忘れないようにしたいと思います。

会場を提供下さったお店の方々
ボランティアの皆さん
足を運んで下さったお客様方

皆さんのおかげで
とっても楽しい時間を
過ごさせていただきました。

いつも私達を支えて下さりありがとうございます。
心から感謝を申し上げます。

それでは、またね。


e0167675_23554886.jpg

================================
■Kawai session featuring RENA&3sax
日時:1月21日(日) 15:30open 16:00start
会場:浦佐Live Cafe LEON
(南魚沼市浦佐904番地1
TEL 025-788-0498)
ticket:2,500円(要オーダー)
出演:TsuboKen(sax) 石毛 杏子(sax) Yossy(sax) 
片桐 久尚(p,key) 小松原 崇(g) 渡辺アンソニー貴行(b) 
川井 正隆(ds) RENA(vo)
================================

(東京の皆さんに朗報!
3/10(土)12:30~ 学芸大学メイプルハウスで
ヨッシーさん、ツボケンさん、杏子さんとの
共演が決定!
ぜひぜひお越し下さいませ162.png

☆☆ Coming Soon! ☆☆

■RENA&Friends
≪COZY NIGHT at nukunuku≫ in winter
日時:2月24日(土)17:00open 18:00start
会場:クッキングライフnukunuku(ティオペペさん2F)
(中央区東中通一番町86-81 サカエビル)
TEL 025-225-6677
ticket:3,000円(1ドリンク、1プレート付)
出演:RENA(vo),小松原 崇(gt),文河 潤(bs)

e0167675_00020668.png

[PR]
Commented by ヒョウ柄猫 at 2018-01-29 04:07 x
早くも一週たちましたが余韻醒めないっすよ。3年前位のヨッシーバンドだと、東京組の強く速い展開に新潟陣営が後れをとる場面もありでしたが、近年は飛躍、転調の流れも受け止め吸収しつつ、自身の持ち味で返し答えることも普通。3人のサックスが求める色彩の違いにも反応して時に加勢、時に別色の提示。狙った風景がズバリ!もあり、はたまた海辺のはずが箱根の山並、しかし森を揺らす風が、波間の潮風よりも濃密で、より四季を感じる・・みたいなストーリーも( ☆∀☆)難解な曲もキーボードのファニィなフレーズで優しくなったり、うねるベースでフュージョンぽくなったり!絶対定理を証明するための、美しき方程式の数々、それがジャズの即興芸術としての本質にリンクするとしたら!プレーヤーもオーディエンスも!果てしなく夢を見れる永遠の物理学者たちなのかも!?ですね(^^)vライヴは生き物!どんなにテクノロジーが進んでもホログラムやRPG ゲームのようには、成らないで欲しいっすね(^^)d
Commented by rena_san at 2018-02-01 21:04
*ヒョウ柄猫さま
楽しんで頂けたのだとしたらとっても嬉しいです^^
今年もあっという間に過ぎていきそう。。
本年も宜しくお願い致します!
Commented by ヒョウ柄猫 at 2018-02-11 01:54 x
わざわざ返事ありがとう、猛寒波にて連日雪と葛藤!いやージャズdayがこんなじゃなくて良かった(^^)夢の残り香・華のあるサックスが3名、ヨッシーさんツボケンさんの強く美しい音色は圧巻!石毛さんのストレートさ、ビバップさも見事!片桐さんのキーボードはメロディアスでゴージャスで遊び心も満載!ただ者でないと思ったらやはり凄い方でしたp(^^)qギター小松原さん、大所帯で聞くのは久々でしたが熱いフレーズにpopsさ・ロックテイスト・ビンビンに歪ませたパンチ!と多面的な顔を発見!サックスとの掛け合いもgooでした!ベース渡辺さん、勢いあるマンダムズのベーシストであり作曲もこなす期待の才能・お客様の沸かせ方をよーく知ってますね!個性派の揃う中、バランサー的な組立や小技・アレンジ力!波を読んでズバッと跳ねる所も見事(^^)dドラム川井さん、脇役!主役!縁の下!自在でタフでぶれ・ミスとは無縁な感じ、凄いっす!バスドラ・スネア・シンバルの構成が読めそうで読めないバランスの良さ!だから聴き飽きないし新鮮、そしてバンドとしてのプロデューサー的抱擁力も。レナさんは続く。m(__)m
Commented by ヒョウ柄猫 at 2018-02-11 02:57 x
ボーカル・レナさん。新潟には魅力的なボーカルが沢山居ます、が聞くたびに何らかの変化を感じる方は、僅かです、すなわちそれは理想のスタイルを求めて絶えず試行し、時に改造、時に破棄。夏ジャズストリートよりも今回のレナさんは声量が増していると感じました(10%位)これには腹筋を鍛えるとか体幹を鍛える、横隔膜か声帯の稼働域を広げる・・など色々あると思いますがサックス3管の大所帯にもフィットしてました。数年前のビックバンドを背にして歌った時は、気合いが入り過ぎてパワーを制御しきれず、横滑りしながらコーナーを走るレースカーのような感触も多少見えましたが、ヨッシービックバンドで鍛えた成果かな?持ち味のシナヤカさとスケール感あるパンチの融合がスムーズになったと思います。強いて欲を言うと、レナさん自身は過去のライヴ録音を聞いて、あの頃は幼稚だったなぁ、と申してましたがね、腹筋をあまり使わない、喉元主体の柔らかく優しく歌う歌唱法も私は忘れて欲しくないな。剛と柔で、曲調と歌唱法で幅を作り日本語曲で外した後にスキン・ド・レレで跳躍、なんて・・あ、吉川さんもスキンドレレ歌いましたよ!お客様を巻き込んで手を降りながら歌う吉川バンドも楽しかった!し、グイグイ飛ばすレナさんに呼応してアレンジを競い合うヨッシーバンドも素敵でしたよ!仮想姉妹対決!結果はウイニング・ドローの引き分け!どちらも盛り上がりました\(^-^)/
by rena_san | 2018-01-25 00:00 | Top | Comments(4)